VIO脱毛人気の形は?男性ウケは? VIO処理に関するあらゆる疑問を解決!

VIO脱毛の画像

最近処理をする人が増えている、VIO。衛生面でも見た目においてもメリットがたくさんありそうですが、デリケートなエリアだけに迷っている方も多いのではないでしょうか。気になるVIOの処理に関するさまざまな疑問を解決していきましょう!

POINT

VIO脱毛を考えているけど、彼氏にひかれたらどうしよう…
なんて思っている子も多いんじゃない?
実際男性ウケはどうなのかも含め、最新VIO脱毛事情について解説するね!

そもそもVIOとは?V・I・Oラインはここ!

VIOラインの説明画像

そもそもVIOのVとIとOってどこからどこまでを指すの?と思われている方も多いかも?VIO脱毛を検討する前に、基本となる知識をチェックしておきましょう。

Vラインはここ!
太ももの付け根からの三角ゾーンのことをVラインと呼びます。正面から見たときに見えるアンダーヘアの部分です。

Iラインはここ!
女性器の両側の部分をIラインと呼びます。内側の粘膜まで毛が生えている場合も多いですが、粘膜の脱毛は出来ないところがほとんど。

Oラインはここ!
肛門のまわりの部分をOラインと呼びます。サロンによってはヒップ奥という場合も。見た目的にも、衛生的にも脱毛することがおすすめの箇所です。

VIO脱毛のメリット&デメリット

グッドサインとバッドサインをしている女性の画像

VIO脱毛をするとどんな良いことがあるの?そして考えられるデメリットはどんなもの?VIOを脱毛することによるメリットとデメリットを徹底解説します!

黒ずみやムレが気にならなくなる!どんなデザインの下着もOK!

VIOを脱毛する1番大きなメリットは、衛生面。ムダ毛がなくなることでムレが気にならなくなり、においが軽減されることも多いようです。経血がムダ毛につくこともないので生理中の不快感も少なくなります。

頻繁な自己処理から解放されることで黒ずみブツブツが解消される場合も多いので、自信を持って可愛い水着や下着を着こなせるようになりますね。VIOがキレイならセックスのときも自分に自信が持てて、恋愛面でもメリットがありそうです!

VIO脱毛は痛い!そして初めは恥ずかしいかも?

VIOエリアは骨に近い部分なので、全身の中でも特に痛みを強く感じやすいといわれています。

サロンでの光脱毛は全般的に痛みが少なめですが、痛みに弱い方は光脱毛の中でも痛くない機器を使っているところを選ぶのが良いかもしれません。

また、VIOは他人に見せることが少ないエリアなので最初は少し恥ずかしさを感じてしまうかも?

脱毛に通い始めたばかりの時期は生えかけのチクチクが気になってしまうこともありますが、何回か通っているうちに解消されるので最初はちょっと我慢が必要です!

VIO脱毛、気になるメンズの意見は?アンケートからわかった事実

考え事をしている男性の画像

VIO脱毛で気になるのは、やっぱり男性の意見ですよね。喜んでくれるのか、ひかれちゃうのか?ここでは独自にとったアンケートによる20~40代の男性の意見をご紹介します! 

35%の男性が女性のVIOが気になると回答

アンケートの結果、約3割強の男性が女性のVIOのムダ毛が気になるという回答でした。3人に1人が気にしているということなので、結構多いかもしれません。

ちなみにVIOよりも「気になる」と回答した人が多かった部位は、背中。これらは特に親しい関係でなくても電車の中やふとしたときに目に入ってしまう部分なので、納得ですね!

パートナーのVIO脱毛は半数以上が「してほしい」ハイジニーナ(無毛)も過半数がOK

VIO脱毛について「ぜひしてほしい」「できればしてほしい」を合わせた賛成派は55%、「してほしくない」と回答した人はわずか2%でした。

VIOのムダ毛について特に意識していなかった男性も、あらためて聞かれると「してくれたほうが嬉しい」と回答するようですね。

ハイジニーナ(ムダ毛をすべて無くすこと)も反対派はごくわずか。VIO脱毛をすることで現在あるいは未来の彼氏や旦那様にひかれてしまう可能性は少ないようで、一安心です!

Vラインのデザインはどうやって決める?人気の形はこれ!

手で形を作っている女性の画像

VIO脱毛をするとき悩んでしまうのが、アンダーヘアのデザインです。完全につるつるにするのか、残すのか

残すとしたらどれくらい?形は?自分の好みを優先するのか男性ウケを狙うのか?決められない方のために、ここでは人気の形をご紹介します!

キレイなVラインの作り方と注意すること

Vラインのアンダーヘアを残す場合でも、最初の2~3回は全て剃って照射し毛質を柔らかくするのがキレイに仕上げるポイントです。

またIラインを全て脱毛してしまうとVにアンダーヘアを残した場合でも境目がくっきりして不自然になってしまうので、それが気になる方はVとIが自然につながるようにオーダーするのがおすすめ

Vラインのデザイン、人気の形は「ナチュラル」

Vラインの形にはどんなものがあって、どんなものが人気なのでしょうか?

多くの脱毛サロンで選ぶ人が多いといわれている形が逆三角形の「ナチュラル」や「トライアングル」です。これらはもともとの自然な形に近いので、迷った場合は安全な形かもしれません。

ちょっとおしゃれな形にしたい場合は「オーバル」や「スクエア」、「Iライン」なども。海外では指一本分程度残す細めの「Iライン」が人気のようです。

最近増えているという「ハイジニーナ」は完全に無毛にすること。どんなデザインの下着も着こなせてすっきり見えるので思い切ってチャレンジするのも良いかもしれませんね。でも一度脱毛してしまったら元に戻すことができないので、ハイジニーナにする場合はよく考えてからにしましょう!

vラインのデザイン一覧の画像

VIO脱毛の選択肢は、サロン・医療脱毛・自己処理の3つ!

ムダ毛の処理方法で迷っている女性の画像

VIOのムダ毛をなんとかしたいと思ったら、主な選択肢は3つ。脱毛サロンでの光脱毛、クリニックでの医療脱毛(レーザー脱毛)、そしてかみそりやクリームなどによる自己処理です。

サロン 医療 自己処理
予算
期間
×
手軽さ
肌への負担 ×
痛み ×
仕上がり

それぞれの特徴を表で比べると上記のようになります。1番バランスがとれているのはサロンでの光脱毛ですが、医療や自己処理ならではのよいところも。以下でくわしく説明していきます!

VIO、サロンで脱毛するなら?

料金痛み仕上がりのキレイさや持続性、デリケートな肌への負担などを総合的に考えるともっともバランスがとれていておすすめなのが脱毛サロンでの光脱毛です。

脱毛サロンでのVIO施術の流れや、VIOプランのあるおすすめ脱毛サロンについてご紹介します。

サロンでの施術の流れと施術時の服装&体勢

VIO脱毛の施術ってどんな服装でするの?裸になる?恥ずかしくないの?…という方へ、脱毛サロンにおける一般的な流れと施術時の服装や体勢をご説明します。

VIO脱毛の一般的な施術の流れ

ほとんどの脱毛サロンでは、VIO脱毛の施術を以下のような流れで行います。

① 施術前日、または前々日に照射する部分のムダ毛を自宅で剃っておく
(IラインやOラインなど自己処理 が難しい部位はシェービングしてもらえることが多い)
② サロンに到着したら着替え
③ 脱毛部位に日焼けや炎症などがないかをチェック
④ 脱毛部位を消毒
⑤ ジェルを塗布あるいは脱毛部位を冷やす
照射
冷却
⑧ 保湿ジェルや乳液などで保湿

VIOラインを施術するときの服装や体勢は?

VIOラインを施術するときの服装は、使い捨ての紙ショーツにガウンが一般的です。

照射する場合も紙ショーツを脱ぐことはなく、少しずつずらしながら施術していくので丸見えで恥ずかしいという感じはあまりありません

VラインとIラインを施術するときは仰向けで片膝を立てるような体勢で行います。Oラインはうつぶせで行うことがほとんどです。

まずは体験もOK!VIO脱毛おすすめサロン5選

サロンでVIO脱毛をしよう!と思っても、どこのサロンが良いのかわからないという方のためにおすすめのサロンとVIO脱毛のコースをご紹介します!

料金を重視するなら、ミュゼ

お手ごろ価格で脱毛したい方におすすめなのがミュゼ

ミュゼの「ハイジニーナ7」コースは平日昼間限定で通うデイプランといつでも好きな日時に通えるレギュラープランがありますが、デイプランでなおかつアプリをダウンロードした場合の価格は4回30,000円(税抜)、6回45,000円(税抜)という安さです。

またミュゼのハイジニーナ7コースはへそ下Vラインの両上など一般的なVIOコースには含まれていない部位も含まれているので、かなり広い範囲にムダ毛があるという方にもおすすめできます。

1回 4回 6回
デイプラン 15,000円 30,000円 45,000円
レギュラープラン 18,000円 36,000円 54,000円

※価格はすべて税抜表示

痛いのがイヤ!という方にはディオーネ

全身の中でも痛みを感じやすいVIO。できるだけ痛みがないところで脱毛したい!という場合はディオーネがおすすめです。

ディオーネのハイパースキン脱毛小さな子どもでも脱毛できるくらい痛みが弱く、肌にもやさしい脱毛方法美肌効果もある光が含まれているので、脱毛しながら肌もキレイにしたいという方にもよさそうです。

6回
12回 メンテナンス1回
ハイジニーナコース 72,000円 120,000円 10,000円
セミハイジニーナコース 57,000円 96,000円 8,000円

※価格はすべて税抜表示

VIO含む全身脱毛するならキレイモ

せっかく脱毛サロンに通うなら、VIOだけではなく全身まるごと脱毛したいという方におすすめなのがキレイモ。VIO含む全身33ヵ所月額9,500円で脱毛できます。

脱毛の際に引き締め効果のあるクリームを使用しているので、お腹や太もものお肉も気になる…なんて方にもおすすめ。月額制なので自分が満足したタイミングでやめられるのがうれしいですね。

月額 6回パック 12回パック
全身33ヵ所脱毛 9,500円 114,000円 212,040円

※価格はすべて税抜表示。

回数制と脱毛し放題から選べる銀座カラー

銀座カラーの「脱毛し放題」を選べば規定の金額を払い終わった後もずっと脱毛することが可能です。ムダ毛が濃くてなかなか終わらないかも、と不安な方でもこのシステムなら安心ですね。

回数コースと組み合わせることもできるので、ムダ毛が減りにくいIラインは脱毛し放題、少し薄くなればよいVラインは回数パック、など自分に合わせたプランを組むのもよいかもしれません。

脱毛し放題 8回
VIOセットコース 225,600円 -
Vライン(上orサイド) 37,600円 21,000円
Vライン(中央) 75,200円 42,000円
I・Oライン 75,200円 42,000円

※価格はすべて税抜表示

奇抜なアンダーヘアの形にも対応、ヴィトレ

ヴィトレはVラインのデザインを9種類から選べるので、オーバルや扇形などちょっと個性的なデザインのアンダーヘアにしたいという方にもぴったりです。

脱毛のみのコースのほか、VIO脱毛とキャピテーション&ヒップアップフォトを組み合わせたプランがあるのもヴィトレならでは。下半身すべてを一気にケアしたい場合にぴったりですね。

6回 17回
VIO脱毛 47,800円 -
VIO脱毛+キャピテーション+ヒップアップ - 129,800円

※価格はすべて税抜表示

VIO、医療脱毛するなら?

とにかく早く、少ない回数で脱毛完了させたい場合は医療脱毛という選択肢があります。

脱毛サロンで光脱毛を行う場合は効果を感じるのに5~6回、自己処理がいらなくなるまでには12回以上かかることが多いですが、医療のレーザー脱毛であれば2~3回で効果を感じ自己処理がいらなくなるまでに必要な回数は6~8回

早さを最優先する方は医療のデメリットも理解したうえで検討しましょう。

医療のVIO脱毛はとにかく痛い!

脱毛完了までが早い医療のレーザー脱毛ですが、最大のマイナスポイントは痛みです。

もともとVIOは骨に近く毛が太いため痛みを感じやすいので、痛みの強いレーザー脱毛となると麻酔をしてもかなり痛いことが多いのです。

せっかく契約しても痛みで通えなかった…なんてことにならないよう、まずは単発で試してみるほうが良いかもしれません。

VIO脱毛で人気のクリニック

医療でVIO脱毛をするなら、より多くの人が通っていて経験豊富なところが安心ですよね。VIO脱毛で人気が高いのが、アリシアクリニック湘南美容クリニックです。医療の中ではリーズナブルなのもうれしいですね。

5回 8回 脱毛し放題
VIO脱毛セット(ビューティー) 61,900円 92,880円 118,800円
VIO脱毛セット(スムース) 85,900円 123,760円 165,000円

※価格はすべて税抜表示

1回 3回 6回
VIO脱毛 14,580円 29,800円 58,000円

※価格はすべて税抜表示

VIO、自己処理するなら?

サロンや医療に通わずに、とりあえず水着を着るときだけ一時的にキレイにしたい!という方には自己処理という手もあります。

お金や時間がかからない分肌荒れのリスクなどはありますが、正しい方法で自己処理すればキレイに仕上げることは可能。どんな方法があるのか、正しい方法もあわせてご紹介します!

VIOに除毛クリームやシェーバーはOK?自己処理の方法色々

ムダ毛を自己処理する方法はかみそり毛抜き除毛クリーム電気シェーバーワックス家庭用脱毛器などがありますが、これらすべてVIOに適しているわけではありません。

デリケートな部位なので、除毛クリームやワックス、脱毛器はあまりおすすめできない方法です。

またかみそりも肌が傷ついてしまう恐れがあるので、電気シェーバーで優しく剃る方法がベストです。

VIOの剃り方知ってる?上手なセルフ処理のコツ

キレイに自己処理するためにはいくつか気をつけるポイントがあります。

●処理する部分の毛を短くカットしておく

蒸しタオルで肌をあたためてやわらかくする

●毛の流れに逆らわず剃る

●剃った後は必ず十分保湿する

これらに注意して処理しましょう!
また1人で処理するのが難しいI・Oラインは床に鏡を置き、その上にしゃがむようにして処理するのがおすすめです。

VIO脱毛の疑問いろいろ

疑問を感じている女性の画像

こんなときはVIO脱毛できる?など、VIO脱毛にまつわるさまざまな疑問にお答えします!

Q痔の場合は?

痔の場合、VとIは可能ですがOラインを脱毛することはできません。しっかり治療してから脱毛するようにしましょう。

Q性感染症の場合は?

性感染症の場合、施術するスタッフに感染してしまう可能性もあります。ですから脱毛することはできません。まずはしっかり治療を行いましょう。

Q生理中は?

VIO以外の部位は生理中でも脱毛できるサロンやクリニックが多いですが、VIOに関しては生理中はNGです。予約している日時に生理がぶつかりそうな場合は早めに予約変更を行うようにしましょう。

Q黒ずみや色素沈着がある場合は?

ムダ毛のメラニン色素に反応する脱毛器の場合、あまりに黒ずみや色素沈着が酷いと脱毛を断られる場合もあります。日焼け肌でも脱毛できる脱毛器を使用しているサロンであればOKです。

Q粘膜に生えている毛は?

脱毛サロンでは粘膜ギリギリまで照射はしてくれますが、粘膜の照射はNGなことがほとんどです。医療脱毛では粘膜まで照射できるクリニックもあります。カウンセリングで相談してみましょう。

Q妊娠中は?

妊娠中はホルモンバランスが変わるため脱毛の効果が出にくくなります。そのため妊娠中の脱毛は断られるケースがほとんど。出産後生理が再開すれば脱毛可能としているサロンが多いようです。

QVIO脱毛の前後に温泉やプールはOK?

脱毛直後は肌が敏感になっているため、多くのサロンでは脱毛当日の入浴やプールを禁止しています。炎症をふせぐためにも脱毛直後は温泉、プールは避けたほうが良いでしょう。

Q40~50代でもVIO脱毛するのは普通?

最近は将来の介護にそなえて50代以降の方がVIO脱毛するケースも増えています。脱毛サロンは幅広い年齢層の方がかよっており、ほかのお客さんと接することもないので年齢を気にする必要はありません

QVIO脱毛は全剃りしないとできない?

アンダーヘアを残す場合でも、美しく仕上げるために最初の数回は全剃りして照射を行うことがほとんどです。ただし絶対ではないので、カウンセリング時に相談してみましょう。

Q施術するときスタッフに臭いがしないか心配…

多かれ少なかれ誰にでも臭いはありますし、スタッフは毎日多くのお客さんに接しているので気にしている人はいません。それに施術中スタッフはマスクをしていることも多いので心配ないでしょう。

Q施術中に濡れたりしない?

痛みで濡れるどころじゃない!」という声も多く聞かれますが、万が一そうなってしまったとしても脱毛時はジェルを使用しているので気にならないことが多いようです。

VIO脱毛まとめ

ここまでVIO処理に関するさまざまなことを解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。VIOを処理する人は年々増加しており当たり前のエチケットになる日も遠くないかもしれませんね。

POINT

VIO脱毛について不安は解消できたかな?
最初はちょっとハードルが高く感じるかもしれないけど、やってみたらよいことが沢山あるはずだよ!

VIO脱毛のおすすめエリア

ページトップ

条件から脱毛サロンを探す