うなじ脱毛の効果が出る回数は何回?脱毛範囲や理想の形を徹底調査!

更新日:2020.05.26

うなじ脱毛の効果が出る回数は何回?の画像

脱毛サロンでうなじ脱毛をすると、8〜15回くらい通う必要があります。多くのサロンで使用されている光脱毛機「IPL脱毛」は、毛根の黒いメラニン色素に反応するので、毛が濃い人は比較的早く効果を感じることが可能です。

しかし、産毛のように薄い毛の人は、効果を実感するまでに一定の回数を通わなければいけません。そこで産毛が多いうなじ脱毛におすすめの脱毛法が「蓄熱式脱毛」です。

この記事では、そんな蓄熱式脱毛ができるサロンやクリニックもご紹介します。

うなじ脱毛を手軽に行いたい方は
ストラッシュがおすすめ!

STLASSH(ストラッシュ) 無料カウンセリングはこちら

口コミについて

うなじ脱毛は効果が出るまで8〜15回必要

うなじ脱毛は効果が出るまで8~15回必要の画像

うなじ脱毛は産毛が多いため、毛質がしっかりとしたほかの部位よりも効果を感じるまでに時間がかかります。

・脱毛サロンの場合:8~15回
脱毛サロンの美容脱毛でうなじ脱毛をした場合、効果を実感するまでに8〜15回程度の回数が必要になります。期間にすると、およそ1〜2年くらいです。

・医療脱毛の場合:5~8回
クリニックの医療脱毛でうなじ脱毛をした場合、脱毛サロンよりも効果が出やすいため、5〜8回程度で効果を実感できそう。期間にすると、およそ10ヵ月〜1年半くらいです。

元から、うなじの毛が濃い人は比較的効果が出やすいため、脱毛回数は少なく済みますが、うなじの毛が産毛のように薄い人は、効果を感じるまでに一定の回数通う必要があります。

脱毛効果を高めるためのポイント

せっかく脱毛を始めるなら、早く確実に効果を得たいですよね。そこで脱毛効果を高めるためのおすすめポイントをご紹介します。

①10〜12月ごろ脱毛を始める

日焼けをしている肌は、脱毛効果が出にくい場合があるため、うなじの脱毛効果を高めるためには、紫外線の影響の少ない10~12月に始めるのがおすすめですよ。

しかし、夏にうなじ脱毛を始めたいという方もいますよね。そんな方は、必ずうなじの日焼け対策を忘れないようにしましょう!

②産毛にも効果がある「蓄熱式脱毛」を選ぶこと

うなじ脱毛の効果を高めるためには、産毛に適した「蓄熱式脱毛」の脱毛機を取り入れているサロンやクリニックを選ぶのがおすすめですよ。

「蓄熱式脱毛」とは、黒い毛に反応する光脱毛とは異なり、毛に栄養を与える「バルジ領域」にじっくりとダメージを与える脱毛方法のこと。毛周期に関係なく脱毛できるので、早いペースで脱毛できるのも魅力です。

記事の最後のほうで蓄熱式脱毛ができるサロンとクリニックをご紹介していますので、ぜひご覧ください。

うなじ脱毛の脱毛範囲が知りたい!

うなじ脱毛とひとことで言っても、どこまでの範囲を脱毛してもらえるのか気になるところです。そんな気になるうなじの脱毛範囲について解説します。

どこからどこまで脱毛できる?

うなじ範囲画像

うなじ脱毛ができる範囲は、一般的に首の後ろに出ているポコッとした骨部分から耳の下あたりまでにある産毛を脱毛することができます。基本的に産毛のみのため、髪の毛やおくれ毛については脱毛できないことが多いです。

うなじと襟足の違いとは

襟足範囲の画像

厳密にいうと、うなじと襟足は異なる部位です。うなじは首の後ろ部分を指し、襟足は髪の毛の生え際のこと。脱毛サロンによっては、呼び方が違うこともありますので、脱毛範囲についてカウンセリングの時などに確認しておきましょう。

理想のうなじの形【4選】

人それぞれ美しいと感じるうなじの形は異なると思いますが、自分にぴったりのうなじの形を見つけて脱毛しましょう。

1.MW型

MW型の画像

うなじのMW型は、Wの真ん中部分にMのような形を入れたギザギザなデザイン。見た目がとても美しく、首を細長くきれいに見せてくれる効果もあります。

うなじのMW型は、京都の舞妓さんに多く、もっとも理想的な形といわれています。

2.W型(アーチ型)

W型の画像

もっともナチュラル仕上がるのが、アーチのようなW型です。日本人に多い形のため、うなじ脱毛で不自然に見える心配はありません。

本来のうなじの形に合わせてW型に脱毛すると、スッキリきれいに整います。

3.ー型(直線型)

ー型の画像

襟足が一直線になった、一型。すっきりとした印象はありますが、直線なので不自然になる場合も。うなじ脱毛するときは、しっかりと整えすぎず、ナチュラルさを残すとよさそうです。

4.U型

U型の画像

Uの字のように、真ん中が長めになったうなじの形です。もともとのうなじ形がU型に近い人におすすめ。柔らかく、なめらかな印象になります。

うなじ脱毛のメリットとデメリット

うなじ脱毛をしたいけど、どんなメリットがあるのか、またデメリットはあるのか気になりますよね。そんなうなじ脱毛のメリット・デメリットを分かりやすく説明します。

うなじ脱毛のメリット

  • アップスタイルやショートカットの見た目が美しい
  • 首回りが開いたファッションを楽しめる
  • 首がすっきりと長く見える
  • 肌がトーンアップする
  • 自己処理の手間がなくなる

うなじ脱毛のデメリット

  • うなじは肌が薄いため痛みを感じやすい
  • うぶ毛が多いため脱毛効果を実感するのに時間がかかる
  • 一定以上の回数を必要とするため費用がかかる

うなじ脱毛がおすすめの脱毛サロン&クリニック

うなじ脱毛をしたい方に向けて、産毛も脱毛可能な「蓄熱式脱毛」を採用しているおすすめの脱毛サロンとクリニックをピックアップしてご紹介します。

1回あたりの料金で見るとラココよりもストラッシュの方がお得です。しかし、ほかの部位も脱毛したくなったときは、ストラッシュよりもラココの方が選べるパーツが多いのがメリットです。

また、クリニックでおこなう脱毛はサロンに比べると料金は高くなりますが、蓄熱式脱毛を採用したレーザー脱毛のため、サロンよりもクリニックのほうが早い段階で効果を感じることができます。

ストラッシュ ラココ フレイアクリニック リゼクリニック
料金 【部分脱毛プラン Sパーツ】
1回:2,750円
6回:16,500円
12回:32,010円
【部位別・パーツ別脱毛コース Sパーツ】
1回:3,000円
6回:18,000円
12回:36,000円
【うなじ脱毛】
1回:12,000円
5回:35,000円
8回:56,000円
【うなじ脱毛】
5回:36,800円
脱毛部位 うなじ、乳輪周り、へそ周り、ワキ、手甲指、Vライン、V上、V下、Iライン、Oライン、ヒザ、おでこ、鼻下、アゴ、フェイスライン、ホホ
うなじ、襟足、鼻、口上、口下、フェイスライン、あご、おでこ(眉上1cmまで)、眉上、眉間、こめかみ(眉から1cmまで)、頬、もみあげ、胸間、乳輪周り、ワキ、ひじ、手甲、手指、ヘソ(上)、ヘソ(下)、ヘソ周り、Vライン(上)、Vライン(横)、Vライン(外)、Iライン、Iライン(外)、Oライン、ひざ、足甲、足指 うなじ うなじ
脱毛方法 蓄熱式脱毛 蓄熱式脱毛 蓄熱式脱毛 蓄熱式脱毛
公式サイトへ 公式サイトへ 公式サイトへ 公式サイトへ

※税抜き

ストラッシュ

ストラッシュのロゴ画像

ストラッシュは、産毛や細い毛に最適なSHR式(蓄熱式脱毛)の光脱毛機を導入。ストラッシュの脱毛なら、産毛の多いうなじ脱毛も効果が期待できますよ。

また、うなじは部分脱毛プランのSパーツで1回2,750円(税抜)という安い価格で脱毛することが可能です。効果が出るまでに時間がかかるので、1回あたりの料金が安いのはうれしいですね。

ラココ

ラココのロゴ画像

ラココもストラッシュと同様、産毛や細い毛に最適な「SHR式(蓄熱式脱毛)
の光脱毛機を導入。産毛が多いうなじにぴったりの脱毛法なので、気になるうなじのムダ毛もしっかりキレイになりますよ!

またラココでは、うなじのほかに襟足も選択可能。うなじと襟足を一緒に脱毛することで、美しく理想的なうなじの形を目指せますね。

なお、うなじと襟足はSパーツ脱毛でそれぞれ1回3,000円(税抜)。お得なセットプランはないので部位×1回の料金がかかります。

フレイアクリニック

フレイアクリニックは、肌に優しい熱を重ねていく蓄熱式脱毛法を採用したレーザー脱毛機を使用。メラニンに反応しない脱毛法なので褐色肌も脱毛することが可能で、デリケートゾーンも脱毛できるほど痛みが少ないのが特徴です。

うなじ脱毛ができるプラン料金は、脱毛サロンと比べて高くなりますが、蓄熱式の医療レーザー脱毛なので、脱毛サロンよりも効果が早く得られ、また医師の診察があるなどアフターケアも充実しています。

フレイアクリニックの

無料カウンセリングはこちら

リゼクリニック

リゼクリニックでは、「蓄熱式ダイオードレーザー脱毛機(蓄熱式脱毛法)」「熱破壊式ダイオードレーザー脱毛機」「熱破壊式YAGレーザー脱毛機」の3種類を導入。毛質や肌質にあった脱毛機で脱毛してもらうことができます。

またリゼクリニックもフレイアクリニックと同じように、蓄熱式の医療レーザー脱毛なので、効果を早く感じられるのが特徴。医師が行うカウンセリングをはじめ、予約キャンセル料やシェービング料がないなど、通いやすいクリニックを目指しています。

リゼクリニックの

無料カウンセリングはこちら

うなじ脱毛の効果が出る回数のまとめ

うなじは産毛の多い部分なので、効果が出るまでに回数がかかります。

チェックポイント
  • 脱毛サロンでおこなう美容脱毛の場合:8~15回(1~2年)
  • 脱毛クリニックでおこなう医療脱毛の場合:5~8回(10ヵ月~1年半)

うなじは、ほかの部位よりも産毛が多いので、産毛や細い毛にも効果が出やすい「蓄熱式脱毛」の脱毛機を取り入れているサロンやクリニックを選びましょう。

POINT

うなじをキレイにお手入れすれば、さまざまなヘアアレンジやファッションを楽しめますね!

この記事の執筆者

さいとう

さいとう

旅・美容を専門とする編集者兼ライター。一人温泉が大好きで、休みはだいたい日本のどこかの温泉で過ごしています。愛するペットはヒョウモントカゲモドキのイルミちゃん(2歳の女の子)♡
「彼氏もいないし脱毛は最低限の見える場所だけでいい」と思っている人へ。温泉やサウナであなたの裸は意外と見られています。というかわたしは見てます!「赤の他人の中年にどう思われようがいい」とか思わず、むしろ積極的に他人に見せたくなる裸を作っておきましょう。ムダ毛のない生活は、もう二度と元には戻れないくらい自由で快適。

口コミ掲載方針について

・掲載内容に関して 当社の口コミ内容は、ページ内で紹介している脱毛サロンを実際に通ったことがある方にアンケート調査を実施し、そこから得た口コミ内容を掲載しています。

・口コミの取得方法に関して 該当の脱毛サロンの会員カードを添付してもらうなどして実際に脱毛サロンに通っているかの確認のほか、応募対象者として適切か判断するためのプロフィール確認、二重回答を防ぐためのIDチェックをすべて有人で行う体制をとっています。また、口コミ内容が曖昧な口コミに関してはユーザーに直接確認や質問をする対応をしています。

・掲載作業に関して 集計した口コミは、歪曲せず極度な誤字脱字のみを修正したものをそのまま掲載しています。極度な誤字脱字の修正は、回答者への許諾をとっています。

lacoco
ページトップ

条件から脱毛サロンを探す