お尻脱毛は自己処理よりサロンが安全!Oラインは含まれる?おすすめのサロンは?

水着姿の女性のお尻の画像

「お尻のムダ毛が気になって、好きなデザインの下着が買えない」「彼氏に自信をもって見せられるお尻になりたい」そんな人におすすめな方法が、サロンのお尻脱毛です。

カミソリや除毛クリームなどで自己処理することもできますが、安全面を考えると、さまざまなリスクがあります。そこでこの記事では、サロンのお尻脱毛のメリットや、お尻脱毛の範囲、おすすめのサロンなどを紹介します!

POINT

お尻脱毛の注意点も説明してるから、
しっかりチェックしてね!

お尻脱毛の自己処理は危険!? サロンがおすすめの理由

ダメ!と言っている女性の画像

「お尻のムダ毛をキレイにしたい!」と思ったときに、以下のような方法で自己処理した人は多いのではないでしょうか?

①カミソリ
②除毛クリーム
③ブラジリアンワックス
④電気シェーバー

しかし、お尻のムダ毛を自己処理するのは様々な理由で危険です!

一つめのカミソリですが、お尻は見えにくい場所なので刃がうまく当たらず、傷がついたり、出血を起こすことがあります。また、皮膚の角質を削っているので、乾燥しやすく、肌荒れを起こす可能性があります。

二つめの除毛クリームは、成分があわない場合、かゆみやかぶれなどの肌トラブルにつながることがあります。とくに敏感肌の人は注意が必要です。

三つめのブラジリアンワックスは、毛を引き抜くため、埋没毛(まいぼつもう)とよばれる、毛が皮膚のなかに埋もれる疾患になる危険性があります。また処理するときの痛みも非常に強いです。

最後の電気シェーバーは、刃が直接触れないので肌へのダメージは少なく安全です。ただし、毛を数ミリ残して処理するため、頻繁にケアする必要があります。

そのため、お尻脱毛は自己処理よりもサロンがおすすめです!
サロンの脱毛は、フラッシュを照射することで少しずつ毛をなくす仕組みで、カミソリなどの方法と比較すると、肌ダメージがおさえられます

また、半永久的に毛がはえてこないので、自己処理をする必要がなくなります。お尻のような自分では見えづらい箇所も、スタッフの人に丁寧にお手入れしてもらえるので安心です!

医療とサロンのお尻脱毛の違い

お尻脱毛の方法は、サロンのほかにも医療クリニックがあります。しかし「サロンと医療の違いがよく分からない」という人もいるかもしれませんね。

どちらも、特殊な光を肌に照射することで、ムダ毛をなくす仕組みは同じです。ただし、施術1回あたりの照射パワーが医療クリニックのほうが強いため、以下のような違いがあります。

サロン 医療クリニック
料金 40,000円 - 80,000円(※1) 80,000円 - 200,000円(※1)
必要な回数 12回 - 20回 5回 - 10回
必要な期間 1年 - 3年(※2) 10ヵ月 - 2年(※2)
痛み 弱い 強い
肌ダメージ 小さい 大きい

※1)個人の毛質や毛量によって必要な回数が異なるため料金差あり
※2)サロン・クリニックの施術ペースによって異なる

医療クリニックの脱毛は、脱毛完了までに必要な回数が少なく、期間も短いというメリットがあります。

なるべく少ない回数で、はやく終わらせたい場合は医療クリニックがおすすめですが、料金の安さや痛み、肌ダメージの少なさなど、総合的な満足度を重視するのであれば、サロンがおすすめです。

Oラインは含まれない!お尻脱毛の範囲

お尻脱毛の範囲を示したイラスト

お尻脱毛をするときに気になるポイントのひとつが、お尻脱毛の範囲です。とくに、お尻の割れ目、つまりOラインにある毛は含まれるのか?という点は疑問に感じる人も多いのではないでしょうか?

結論からいうと、ほとんどのサロンがお尻脱毛の範囲にOラインを含めていません。そのため、お尻脱毛の範囲はお尻の表面のみと考えておくとよいでしょう。

もし、お尻の表面だけでなく、Oラインも一緒に脱毛したい場合は、Oラインのコースを追加することになります。しかし、Oラインを脱毛するのであれば、女性器周辺のIラインや、正面から見えるVラインも脱毛しないと、不自然な見た目になってしまいます。

そのため、お尻とOラインを一緒に脱毛したい人は、まとめてVIO脱毛するのがよいでしょう。

サロンのお尻脱毛はメリットがいっぱい!

喜んでいる女性の画像

お尻脱毛には、以下のように多くのメリットがあります。

●さまざまなデザインの下着や水着を楽しめる
●恋愛に自信をもてるようになる
●通気性がよくなるため、お尻ニキビなどの肌トラブルが起こりにくくなる

見た目や気持ちの面だけでなく、衛生面でもメリットがあるので、毎日を楽しく快適に過ごせますね!

お尻脱毛でおすすめのサロン

チェックポイントを教えている女性の画像

続いて、お尻脱毛でおすすめのサロンを紹介します!
サロンごとの特色をふまえて紹介しているので、チェックしてみてくださいね。

脱毛し放題がいいなら【銀座カラー】

回数を気にせず、満足するまでお尻脱毛したいなら銀座カラーがおすすめです。とくに毛量が多く、脱毛回数が多くなりそうな人は、最初から脱毛し放題プランにしたほうが、結果的に料金が安くおさえられます。

銀座カラーでお尻脱毛をするときは、スタンダードチョイスという部分脱毛のプランを選びます。6回、12回のように、決まった回数分を契約することもできますが、回数無制限の脱毛し放題にすることもできるので、毛量が多い人はそちらを選ぶとよいでしょう。

回数 金額
8回 42,000円
脱毛し放題 75,200円

※税抜き価格

お尻の産毛に反応しやすい【ストラッシュ】

ストラッシュSHR脱毛とよばれる、毛包にアプローチするタイプの脱毛機を使っています。ほかの多くのサロンでは、毛包ではなく、毛根の黒いメラニン色素に反応するフラッシュを照射することで毛をなくしているため、お尻の産毛のような細くて薄い毛には、少し効果が出づらいという特徴があります。

しかし、ストラッシュのSHR脱毛は、毛根のメラニン色素ではなく、毛根をつつむ毛包に反応するため、産毛にも反応しやすいというメリットがあるのです。

実際に、ストラッシュでお尻脱毛をする場合は、部分脱毛の「Lパーツ脱毛」の料金を支払うことになります。また、ストラッシュのお尻脱毛のパーツは、右ヒップと左ヒップに分かれているので、お尻全体を脱毛する場合は、両方を選択して、Lパーツ2つ分の料金が必要になります。

回数 金額
6回 64,020円
12回 128,040円
18回 192,060円

※右ヒップ+左ヒップの価格
※税抜き価格

Vラインも一緒に脱毛するなら【ミュゼ】

お尻だけでなく、ワキやVラインも一緒に脱毛したい人はミュゼがおすすめです。ミュゼは12,000円以上のコースを申し込むと、両ワキとVラインが無料で何度でも脱毛できます。お尻脱毛も対象のコースに含まれるので「剛毛な部位をまとめて脱毛したい」という人にはピッタリのプランだといえるでしょう。

また、ミュゼは平日の日中に通うデイプランと、好きな曜日・時間帯に通えるレギュラープランがあり、デイプランを選ぶと料金が安くなります。そのため、学生さんや平日休みの社会人にもおすすめです。

実際に、ミュゼでお尻脱毛をしたい場合は、フリーセレクト脱毛コースのLパーツを選択します。

デイプラン レギュラープラン
4回 15,000円 18,000円
6回 22,500円 27,000円

※公式アプリダウンロード価格
※税抜き価格

好きなタイミングでやめられる!単発プランがいいなら【脱毛ラボ】

「いきなり回数プランを契約するのは抵抗がある」という人におすすめのサロンが脱毛ラボです。お尻脱毛のような部分脱毛は、1回ごとの単発プランになるので、気軽に始められます

単発の場合、SパーツとLパーツ、どちらを選ぶかによって金額が変わりますが、お尻はLパーツになります。

また脱毛ラボは、一部店舗をのぞいて閉店時間が22時です。ほかのサロンは21時閉店の場合が多いので、忙しい女性にもピッタリのサロンだといえます。

回数 金額
1回(単発) 3,000円

※税抜き価格

肌への優しさ重視なら【ディオーネ】

ディオーネは「肌に負担をかけたくない」という人におすすめのサロンです。ディオーネでは、ハイパースキン脱毛とよばれる方法でムダ毛の発生をおさえています。

一般的なサロンの脱毛とは異なり、毛根ではなく、毛の種となる発毛因子に特殊な光を低温照射しているので、肌に優しく、痛みもありません

また、ディオーネでお尻脱毛をする場合は、アンダーボディメニューのヒップ(Lパーツ)を選びます。回数は6回12回がありますが「もう少し脱毛を続けたいな」と思ったときは、メンテナンスを1回ごとに追加します。

回数 金額
6回(ショートコース) 36,000円
12回 60,000円
12回 5,000円

※税抜き価格

メンズで脱毛したいなら【RINX(リンクス)】

男性で「お尻の毛が気になる」という人は、メンズ専用の脱毛サロン、RINX(リンクス)がおすすめです。

スタッフは男性を希望することもできるので、恥ずかしい思いをすることなく、安心して脱毛できます。また、全国展開しているので急な転勤が多い人も店舗移動しやすいです。

回数は1回の都度払い4回8回から選べます。9回目以降は、1回都度払いプランの80%OFFの料金で施術できます。

回数 金額
1回都度払い 13,611円(初回6,805円)
4回 42,592円
8回 85,185円
9回目以降 1回につき2,722円(都度払いの80%オフ)

※税込み価格

お尻脱毛は恥ずかしい?施術するときの流れや体勢

お尻脱毛したいけど、スタッフにお尻をみられるのは恥ずかしい」という理由で、施術を迷っている人もいるのではないでしょうか?また、実際にどんな流れや体勢でお尻脱毛するのか分からなくて、不安な人もいるかもしれませんね。

そこで、施術するときの流れや体勢、スタッフの対応などを説明します!

まず施術の流れは、サロンによって若干異なる場合がありますが、以下の流れでおこなわれます。

1)サロン側で用意されている、ラップタオル(もしくはエステガウン)に着替える
2)シェービング
3)冷却ジェルを塗る
4)照射
5)保湿

ここまでにかかる時間は平均30分です。また、お尻脱毛のときは、施術台にうつ伏せの体勢になります。その状態で、着用しているラップタオル(もしくはエステガウン)を下半身のみめくります

紙パンツをはくサロンの場合は、紙パンツをずらして照射します。そのため、全身丸裸になることはないので、安心してください。

もちろんお尻の照射部分はみえてしまいますが、スタッフの人は一日に何人も施術していて、淡々とこなしてくれます。とくに何か言われることはないので、恥ずかしがる必要はありません

あとで後悔しないために!お尻脱毛の注意点

続いて、お尻脱毛の注意点について説明します。あとで「こんなはずじゃなかった…」とならないように、事前にチェックしておいてくださいね!

お尻のシェービングサービスがないサロンがある

まず知っておきたいのが、お尻のシェービングサービスがないサロンがあるということです。

脱毛する場合は、前日までに照射箇所のムダ毛を自己処理する必要があります。しかし、お尻は見えにくい部分なので、まったく自己処理していない状態でも、スタッフがシェービングしてくれる場合が多いです。

ただし、サロンによっては、お尻のシェービングサービスをおこなっていないことがあります。その場合は、I字型の電気シェーバーをつかって自己処理しましょう。最初にお伝えしたとおり、カミソリは危険なので使わないようにしましょう。

お尻と腰の境目が不自然に見える

お尻脱毛の効果が出始めた頃に気になるのが、お尻と腰の境目が不自然になってしまうことです。とくに、もともと毛の量が多い人は、腰から上だけ産毛がはえている状態だと、見た目があまりキレイではなく、せっかくお尻脱毛したのに不満に感じてしまいます。

そのため、そのような人は、最初から全身脱毛のプランにしておくことをおすすめします。全身脱毛というと高額なイメージを持つ人もいるかもしれませんが、サロンによっては月額1万円以下で始められます。

生理中はお尻脱毛できない

生理中はお尻脱毛できません。そのため、生理日と重ならないように予約しましょう。また、生理不順などで施術日と重なりそうな場合は、キャンセル期限までにサロンに連絡しておきましょう。

当日連絡の場合は、1回分消化扱いになるサロンが多いので注意してください。

お尻脱毛のまとめ

サロンのお尻脱毛は、自己処理よりも安全で、見た目もキレイに仕上がります。お尻の産毛が気になっている人は、ぜひ自分にあったサロンで美尻を目指してくださいね!

POINT

気になるサロンがあったら、まずはカウンセリングに行くのがおすすめ!
無理な勧誘はないから、気軽になんでも聞いてみてね!

※記事内の料金はすべて税抜きです

ページトップ

条件から脱毛サロンを探す