脱毛における肌トラブルの事例と痛みの対処方法

  • 一押しサロン
  • エリア・沿線から探す
  • サロンから探す
  • 部位から探す
  • 口コミを投稿する
  • 脱毛特集

> 特集一覧 > 脱毛における肌トラブルの事例と痛みの対処方法

脱毛における肌トラブルの事例と痛みの対処方法

脱毛すると肌が荒れるの?痛くなったりもするの?

脱毛による肌トラブルの事例は、意外とあるようです。それも、自分で処理するときだけではなく、脱毛サロンやクリニックなどのプロの施術でも起こることがあります。
どのような肌トラブルが起こるのかを事前に知っておき、その対処方法を考えておきましょう。また、脱毛における痛みについても、あらかじめどのようなものかを知っておけば、必要以上に怖がることはありませんし、より快適に施術を受けることができるはずです。

脱毛による肌トラブルの事例

脱毛における肌トラブルの事例について、ここでは実際に起こったトラブルのなかから代表的なものを紹介します。起こりうる肌トラブル、事前に知っておくことで、その回避や早期の対応ができるのではないでしょうか?

赤みが消えない

光やレーザーなどの施術では、毛根に熱のダメージを与えるため、数日から1~2週間は赤みが引かないことがあります。通常ですと、あまり心配はないのですが、痛みが強くなったり赤みが引かなかったりする場合は、施術を受けたサロンやクリニックに相談しましょう。ちなみに、赤くなった場所は熱を持った状態なので、冷やした化粧水で冷ましながら保湿したり、保冷剤や冷たいタオルでこまめに冷やすようにすることでも熱が下がることがあります。また、注意としては赤みがあるところが日焼けするとシミになりやすいので、日焼け対策は忘れずに行ってください。

内出血が起こる

ニードル脱毛での施術や、局部麻酔などで起こる症状です。施術で使用した針が、毛細血管を傷つけ、その傷口から血液が流れて皮下組織に留まることで、できてしまいます。時間が経てば治まりますので、あまり心配しなくても大丈夫です。

やけどをした

脱毛に使用する機械は、基本的にレーザーの光と熱を利用します。肌が弱った状態でこの施術を受けると、やけどになる恐れがあります。また、サロン・クリニックでは、熱が肌に伝わらないように、特殊な冷却ジェルを塗ることがありますが、塗りムラがあったり不十分だと、やけどの原因となります。もし、やけどをした場合は、保冷剤などで様子を見つつ、冷やすようにしてください

毛膿炎ができた

毛膿炎(もうのうえん)は、脱毛の後に傷ついた毛穴から細菌が入ることで起こります。炎症や化膿など、にきびと同じような症状を引き起こし、赤みが出るのが特徴です。脱毛部分を清潔に保つこと、保湿することなどで予防できますが、症状が出た場合は、クリニックの医師に相談し、適切な処置をしてもらいましょう。

埋没毛

カミソリや脱毛クリームなど、自分で処理をしたときによく見られる肌トラブルです。埋没毛は、毛が肌に埋もれてしまい、黒くてぽつぽつした、黒ゴマのような状態。肌が傷つけられ、ターンオーバーが乱れることが原因です。予防方法は、無理に自己処理をしないこと、保湿をすること、そして解決方法は、毛が伸びて肌から出てくるのを待つか、クリニックで施術してもらう、などがあります。

編集部のオススメ脱毛サロン5選【PR】

脱毛の施術で異なる痛みの感じ方

光脱毛や、レーザー脱毛、そしてニードル脱毛など、脱毛の施術方法の違いによっては、痛みの感じ方が異なることもあります。また、パーツによってもその違いがあるため、人によっては、「気にならない」という方もいれば、「激痛が走る」といった、個人差があります。ですが、一般的にいえることは、毛の濃いところや、脱毛効果への期待が高くなる施術になるにつれ(サロン<クリニック)痛みが増してくるということです。

例えば、脱毛サロンで行われる光脱毛は、施術のなかでは痛みは感じないほうだとされています。感覚としては、バチッン!という、ゴムで弾かれたような一瞬の痛み程度。
特に、肌が敏感なところ、太い毛の多いところ、ワキやVラインなどは痛みを感じやすいようです。ですが、施術の回数が増えるに従って、毛が薄くなる頃には、その痛みもあまり感じなくなるといわれています。

レーザー脱毛は、光脱毛よりも光の出力が強いため、その分、痛みを感じやすくなることがあります。痛みについては、光脱毛と同じような感覚のようですが、効果はこちらのほうが期待できるようです。なお、レーザー脱毛のなかには、痛みが少ない機械もあるようです。VIOラインなどの痛みを感じやすいパーツには、そちらに切り替えて施術をするというクリニックもあります。

そしてニードル脱毛ですが、脱毛の施術のなかでは最も痛みが強いとされています。毛穴一個一個に針を差し込んで、そこへ電気を流しますから、施術を受けた方のなかには「涙が出るほど痛い」という声も。局所麻酔や麻酔クリームで痛みを軽減することもできますが、VIOラインなどのデリケートゾーン、鼻の下や口角付近などの敏感なところは、それでも痛みを感じるようです。

編集部のオススメ脱毛サロン5選【PR】

脱毛の痛みを軽減する対処方法

脱毛の痛みを軽減するための対処方法は、クリニックで行う局所麻酔や麻酔クリームのほかにも、自分でできるものもあります。
例えば、コーヒーや紅茶などのカフェインが含まれているものを飲まないようにすることです。カフェインには、神経を興奮させる作用があるため、施術前に摂取していると痛みを感じやすくなります。また、睡眠不足や風邪、ストレス、生理の前後などで体調が優れないときは、肌が敏感になっています。その状態だと、痛みを感じやすくなりますので、施術日が決まったら、その日にあわせてしっかりと体調管理をしておきましょう。
そしてさらに、乾燥した肌も施術の際に痛みを感じやすくなるようです。普段から保湿クリームやローションなどで潤いを保ち、肌のコンディションを整えることも大切です。

編集部のオススメ脱毛サロン5選【PR】

最後に

contents_image

サロンやクリニックで脱毛を行う際は、肌トラブル、そして痛みがあるなどのデメリットがあることをしっかりと把握しておきましょう。また、それに対しての対処方法を知っておけば、仮にトラブルが起こったとしても、すぐに対処できるようになると思います。

ページトップ
脱毛口コミランキングなびTOP部位検索エリア検索口コミ投稿

条件から脱毛サロンを探す